最近のトラックバック

« ランエボ7 GT-A 2年ぶりの4輪アライメント調整と例の事件について | トップページ | ランエボ7 GT-A いよいよ登録18年目に突入 »

ランエボ7 GT-A ミシュランPS4 高速道路での印象

Dsc_0769__ps4 なかなか、高速道路で試す機会がなかったのですが、つい先般、東名と首都高速ですが、タイヤ交換後、走る機会がありました。
新しいタイヤと言うこともありますが、乗り心地は良くなりました。
驚いたのが、助手席で同乗した妻が、「何か、いつもと違って乗り心地がいい感じがする」と言ってくれました。
特に、首都高の道路の継ぎ目を乗り越えた時の収まりが、マイルドになり、以前は、たまに「うっ」となったのが、ほぼ解消しました。
さらに、ハンドリングも決して犠牲にはなっていません。路面とのコンタクト感は、V105の方があった感じですが、PS4は何となく1枚薄いシートを入れたような感覚です。
直進性も問題ありません。速度も100キロプラスしか出していませんが、とても安定感があります。
音は、もう一歩頑張って欲しいと思いますが、及第点です。
サスとの相性もいいのかもしれませんね。
結論からすると、コストパフォーマンスが高いタイヤですね。
やはり、タイヤも進化しているのでしょう、と言うのが実感できました。
さて、現在、モーターショーが開催していますが、チケットはあるものの、行く時間がない!!
何とかしなくては。。。。😠

« ランエボ7 GT-A 2年ぶりの4輪アライメント調整と例の事件について | トップページ | ランエボ7 GT-A いよいよ登録18年目に突入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ランエボ7 GT-A 2年ぶりの4輪アライメント調整と例の事件について | トップページ | ランエボ7 GT-A いよいよ登録18年目に突入 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ