最近のトラックバック

« 2018年11月 | トップページ | 2019年3月 »

2018年12月

ランエボ7 GT-A エンジン始動時のナビ再起動の防止~残光ユニットの応用

Dsc_0521ずっと前から気になっていて、あきらめていたこと。
恐らく大勢の方がいらっしゃるのではないかと思いますが、エンジンをかける際に、ACC→ON→STARTにキーをまわしますが、キーをゆっくりとまわす場合に、ACCでポジションでナビの電源が一度入りますが、その後STARTにすると、エンジンをかけるために一度ACCの電源が切れて、エンジンがかかった後に再度ナビの電源が入ります。
どうと言うことでもないのですが、何となく煩わしいと思っていました。
ナビを新しく買い換えた際に、やはり気になったので、どうにかならないものかと考えていました。
ここは、ネットで検索すると、同じ悩みの方がかなりいるではありませんか。
この方も私と同じ悩みで、記事を書いていました。
やはり、対策はありました。それが「残光ユニット」と言うパーツです。
本来は、使い方の目的が違うのですが、裏技?で使えると言うことなのです。
調べてみると、エーモンと言う自動車部品の会社がかつては販売していましたが、すでに販売は終了となり、現在は、その同等品ということで、ヤフオクで出品されています。
早速、試してみるべく2個落札して、再び、サンライズガレージの福山さんに作業をお願いしました。
取り付けそのものは、簡単とのことですが、素人の自分には、やはり難しいです。
作業は、わずか数十分で完了。今回は、ナビ用とドライブレコーダー用の2個取り付けてもらいました。
結果は、良好。エンジン始動時には、ナビ、ドラレコの電源は落ちません。
但し、エンジンを切る時に、ほんの数秒、電源が落ちるのが遅くなります。
このパーツ、どれくらい持つのか分かりませんが、福山さんの感想だと、パーツ自体のリードの線の処理などは、しっかりしてそうなので、まあ大丈夫ではないでしょうか、とのことでした。
残光ユニットは、出品者の落札情報をみると、今でもかなりの数が落札されています。いろいろと使い道があるのかもしれませんね。
最近のカーナビは、見えないところのパーツは、以前と比べると、かなり安いものを使っているとの情報も伺いました。コストダウン、仕方ないですね。
長年気になっていたことが解消されて、よかったかな。。。

ランエボ7 GT-A ドライブレコーダ装着しました(PIONNER VREC-DH700)

Dsc_0522先日、無事にドライブレコーダーの装着が終わりました。
作業は、いつものサンライズガレージの福山さんにお願いしました。
設置は、写真の通り、丁度ルームミラーの裏側です。
運転中は、もちろんモニターを見ることはできません。
さて、 VREC-DH700ですが、欲を言えば、もう少しサイズが小さいといいですね。
実際に撮影した画像をパソコンで確認しました。思っていたよりも画像は普通でした。
ちゃんとバックカメラの映像も録画されていました。但し、画素の関係で映像はよくありませんが、とりあえず最低限の情報は確認できます。これで一応、あおり運転に遭った場合の証拠になります。
付属のSDカードは、16Gでしたので、32Gに買い換えました。
それから、オプションで用意してあった偏光フィルターも装着しました。これはやはりあった方がいいですね。わざわざオプションにしていますが、標準にしてもらいたいです。ネットにも同じような意見がありますね。
今のところ、本体のトラブルはありません。一つ気になったのは、パソコンの専用ビューアーで、画像を確認する際に、通常の画像は確認できるのですが、イベント画像がビューアーで確認できません。データは、イベントのフォルダーには記録されているので、万が一の時は大丈夫かもしれませんが、これはバグですかね?
これでひとまず安心ですが、安全運転に心がけないといけませんね。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ