最近のトラックバック

« ランエボ7 GT-A 恒例のオイル交換、今回は、RESPO R TYPEを試します | トップページ | 日産新型リーフ2017年型試乗しました!滑らかな加速はやはり気持ちいい »

ランエボ7 GT-A 15年目にして走行距離50,000キロ超えました

前回の更新から、また大分サボってしまいました。
Dsc_17911すでに、時間がたってしまいましたが、7月に、エボの走行距離が50,000キロを達成し、現在は、約50,200キロとなりました。
春から夏にかけて、土日に仕事が入ったりで、クルマを使うことが少なくなったために、なかなか走行距離は伸びませんね。
特に目立ったトラブルはありませんが、ブレーキのローターがちょっと気になります。
ブレーキのダストが激減したのはいいのですが、どうもパッドとローターがきっちりと馴染んでいにいような感じです。
先般、アイバッハのスプリングに交換したため、特に低~中速域での乗り心地は、以前よりもよくなりました。
それから、なかなか解消しないのですが、ハンドルのセンター位置。気にしなければ問題はないのですが、何となく、微妙に右に傾いているような感覚です。
出来れば、再度調整したいと考えています。

後は、ナビです。
いつ頃からかは忘れましたが、画面がちらつくようになってしまいました。
ナビとしての機能は問題ないのですが、地図の更新も終了しているので、そろそろ交換したいですね。最近は、スマホのナビでも格段に性能が良いので、単なるナビ機能であればスマホでも十分です。MDもすでに過去のものです。

自動車は、今また大きく変わろうとしています。電動化です。
将来的には、電気自動車が主流になることは間違いないでしょう。
つい先日に日産のリーフが改良を受けて新しいモデルになり、1回の充電での走行距離も少し長くなりましたが、まだ短いような気がします。
2020年には、バッテリーの性能もかなり高いものが登場するようですので、もう少し待った方がよいかもしれません。
レコードからCDになったように、自動車の場合には、規制が関係してくるかと思いますが、ある時点でガラッと変わるのではないかと思います。
自動車の楽しみ方も変わりますね。
さらには、自動運転の技術が進むと、なおさらでしょう。
悲惨な事故を防止するには、自動運転の技術は、大歓迎ですが、人間の感覚の退化につながらないか、このあたりのバランスが極めて大切だと思いますね。

いつまで今のエボに乗り続けることができるか。
そう言えば、スイフトスポーツもFMCになりエンジンは、ターボになりましたね。
是非、運転してみたいです!!
次の車検がそろそろ考え時かもしれません。。。。

« ランエボ7 GT-A 恒例のオイル交換、今回は、RESPO R TYPEを試します | トップページ | 日産新型リーフ2017年型試乗しました!滑らかな加速はやはり気持ちいい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランエボ7 GT-A 15年目にして走行距離50,000キロ超えました:

« ランエボ7 GT-A 恒例のオイル交換、今回は、RESPO R TYPEを試します | トップページ | 日産新型リーフ2017年型試乗しました!滑らかな加速はやはり気持ちいい »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ