最近のトラックバック

« ランエボ7 GT-A 来年13年目に突入です | トップページ | ランエボ7 GT-A タイヤローテーション ミシュラン パイロットスポーツ3 そろそろ5年目です。 »

マツダ新型デミオXD 試乗しました。クオリティの高さを実感!

Dsc_0640_2ちょっと情報のアップが遅れてしまいましたが、先週の月曜日(24日)に新型デミオのXDに試乗して来ました。
話題の1.5リッタークリーンディーゼルエンジンを搭載して、自動車の評論家の皆さんからも高評価のモデルです。
その証として、今年のカーオブザイヤーも見事に受賞しました。
最近のマツダのモデルは、どれも魅力的で、特にクリーンディーゼルエンジンを搭載した車は、人気も高いですね。
もちろん、デザインも統一化がうまく図られており、ぱっと見て、マツダの車と分かるデザインになっています。
Dsc_0641このデザインは、当たっていますね。
年明けに発売になるMCしたCX-5、アテンザもさらに洗練されての登場となります。

これは、なかなか他の国産メーカーも、おいそれとは到達できない領域に入ったのではないでしょうか。
特に、年明けにやはり発売となるCX-3は、いよいよ真打ち登場と言った感じでしょうか。これは、売れそうです、いや、売れるでしょう。私も欲しくなりました。これは期待大です。発売が楽しみです。

今度のデミオは、確かにコンパクトカーの基準を一つ超えたといっても間違いないと思います。もちろん、CDエンジンモデルは、価格もそれなりに高いのですが、サイズを超えた乗り味を提供しています。
評論家の皆さんが褒めるのも良く分かります。

室内は、もちろんコンパクトカーのジャンルなので、大人5名乗車は厳しいです。4名であれば、問題ないスペースです。
室内の品質感も高く、これなら不満はでない、期待以上だと思います。

走り出して、アクセルを踏むと、排気量のせいか、少しだるいところを感じましたが、ちょっと深くアクセルを踏めば、クルマがぐっと加速します。これがCDの良さですね。なんとも頼もしい力強さ、加速感です。家内も同乗したのですが、あまりに加速が良すぎて、「ちょっとスピードを抑えたら?」と言われてしまいました。
ステアリングの感覚も、グニャグニャしたところが無く、リニアで、カチッとしています。これは、コンパクトカーの領域を出ているように思います。これなら、長距離、高速を乗っても快適に移動できるでしょう。
急な坂道も何のその。頼もしく加速して行きます。
4人家族であれば、もう、これ1台で十分でしょう。
うちも、もう家族5人で乗ることがほとんど無いので、これでいいかも、と思ってしまいました。

気になるところは、リアのブレーキがディスクでないこと、出来れば、マフラーが左右出しだと、かっこいいかなと思います。欲を言えば、もう一つ上のスポーティーなグレードがあると良いかな、と思います。

これから、街で新型デミオを見かけることがさぞ増えることでしょう。
色は、イメージカラーの赤がいいですね。
しばらくは、マツダのモデルからは、目を離せないでしょう。

L_section01_main1三菱も、アウトランダーPHEVを来年、MCするはずです。
今年のパリモーターショーで、コンセプトモデルをリリースしました。
このデザインで出てくるかは、まだ分からないようですが、このデザインなら、なかなか魅力的です。折角なら、早くこのようなモデルを出せば良いと思うのですが、出てこないですね。

L_section01_i05

« ランエボ7 GT-A 来年13年目に突入です | トップページ | ランエボ7 GT-A タイヤローテーション ミシュラン パイロットスポーツ3 そろそろ5年目です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ランエボ7 GT-A 来年13年目に突入です | トップページ | ランエボ7 GT-A タイヤローテーション ミシュラン パイロットスポーツ3 そろそろ5年目です。 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ