最近のトラックバック

« 2014年最初の話題は、スバルWRX STI 新型 いよいよ世界初公開! | トップページ | くるまマイスター検定に挑戦! »

2014年最初の試乗は。。。ホンダ2013年「オデッセイ」です。

Dsc_0349_ 2014年の初試乗は、ホンダのオデッセイです。
昨年、アコードHVを試乗させてもらったディーラーさんで乗せてもらいました。
今回も家内同行となりました。
これまで、私はミニバンを所有したことはありません。セダンかハッチバックです。
ミニバンの中でも、オデッセイには、ちょっと思い出があります。
丁度、初代オデッセイがデビューした1994年、私は、鈴鹿でホンダさんの教育の担当をしていました。
その頃のホンダは、経営危機にあり、私の担当する教育も予算削減の候補となりました。
しかし、当時のご担当者と何とか上を説得して、かろうじて継続が決まりました。
ホンダは、この時期、いわゆるRV車がなく、三菱との合併なんて噂まで流れていました。
この時のホンダの経営危機を救ったのが、まさに初代オデッセイでした。
初代オデッセイでは、助手席ですが、鈴鹿サーキットを走行したこともありました。
最初は、何かちょっと変わったデザインのクルマだと思いましたが、デビューしてまもなく大ヒットして、今回で、5代目のモデルとなりました。
何故か、昨年、発表会の当日にホンダの本社にたまたま仕事で行くことがあり、何となく運命的なものを感じてしまいました。
前のモデルは、ミニバンと言っても、車高が低く、セダン、ワゴンのようで、しかも後席のドアがスライドタイプでなかったので、他社のミニバンと比べると、やや不利だったのではないでしょうか。もちろん、その分走りは、ミニバンの域は超えていました。
しかし、やはりセールス上のことを考えると、やはり後席にはスライドドアは必要となったわけですね。
特に、小さな子供のいる家庭では、便利ですからね。
と、長々と前置きをしてしまいましたが、そのような状況から今回のモデルになったわけです。
低床のコンセプトを継承して、スライドドアを採用し、走りにもこだわる。
ホンダらしい一つの回答ではないかと思います。
トヨタのノア、ボクシー、アルファード、日産のセレナ、エルグランドなどと比べてみると、うまくいいところをついてきているのではないでしょうか。
あとは、エリシオンのユーザーがどのような反応をするかですね。
さて、今回試乗したのは、売れ筋のアブソルートではなく、G EXでした。
本当は、アブソルートが良かったのですが、仕方ないですねえ。一応HPで確認したら、アブソルートだったのですが、変更になっていました。事前にやはり試乗するときには、連絡をして確認した方がいいかもしれません。
当然、足回りは、Gタイプは、アブソルートと比べればソフト、とのこと。
走り出しの瞬間は、ハンドルと路面とのコンタクト感はほとんど感じません。とはいっても決して安っぽいグニャという感覚は無く、ボディはしっかりとハンドルを切った方向に進みます。このあたりは、逆に乗り心地がよく感じます。
しばらく走りますが、まさに快適です。ハンドリングも素直で扱いやすいです。
このクルマを運転していると、何となく幸せな感じがします。
少し気になったのは、アイドリング時の微振動と車内の音。これも慣れかもしれませが、ここはもう一歩厳しくみれば、レベルを上げて欲しい気がしました。
高級車のような乗り心地が味わえるシーンがある中で、今後是非改善して欲しいですね。
加速感も自然で、ストレスなく、すっとエンジン回転が上がります。以前乗ったアコードのHVよりもいいと思います。やはり、レシプロエンジンのメリットでしょう。
こだわらなければ、このGのグレードでも問題ないでしょう。
でも、ちょっと走りを意識したいのであれば、やっぱりアブソルートが選択肢になります。
今度は、是非アブソルートを乗ってみたいですね。
あと、走っていて気になったこととして、右折時にAピラーがちょっと視界をじゃますること。
これは、FITでも指摘がありましたが、ここも改良点かもしれません。
それから、後席シートのアレンジですが、シート自体はよく工夫されています。
Dsc_0346_ このクルマのユーザーになったら、運転するよりも、後席に乗った方がいいのではないかと感じました。但し、ロングスライドモードは、私は、恐らく実際にはあまり使わないような気がします。
家内も、なんか広いのはいいけど、何か物足りない、かえって無駄なスペースでは、と言っていました。これまでミニバンを所有したことがないので何ともいえませんが、どうなのでしょうか。
あと、リアのデザインが、何となくアルファードに似ているような気がします。
道路を走っているところに遭遇しましたが、存在感という点では、フロントは精悍な感じがありますが、際立っているかと言うと、個人的にはやや微妙かな。
少し辛口の感想を書いてしまいましたが、5代目となったオデッセイ、やはり走りと快適性を追求したミニバンとして注目の一台だと思います。

« 2014年最初の話題は、スバルWRX STI 新型 いよいよ世界初公開! | トップページ | くるまマイスター検定に挑戦! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年最初の試乗は。。。ホンダ2013年「オデッセイ」です。:

« 2014年最初の話題は、スバルWRX STI 新型 いよいよ世界初公開! | トップページ | くるまマイスター検定に挑戦! »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ