最近のトラックバック

« 日産と三菱が協業により新型の軽自動車を開発、6月に販売予定。 | トップページ | アウトランダーPHEV リチウムイオン電池で発火・発熱事故・・・ »

サンライズガレージのブログにスピーカー交換作業がアップされました。そして次は。。。

先日交換したクラリオンのスピーカーの作業が、サンライズガレージのブログでも紹介してもらいました。
私の記事よりも、説明が簡単で分かりやすいかもしれません。
時々、福山さんのブログを拝見するのですが、実にいろいろなクルマがあって、様々なパーツを取り付ける苦労がよく分かります。
自動車のアフターパーツも、メーカーによっても仕様が異なるので、取り付けの際には、工夫が必要になるわけですね。
特に、外車は、ご苦労させるみたいです。
それから、「安かろう 悪かろう」ではありませんが、やはり、海外製で安く手に入れた製品は、どうもトラブルが多いそうです。
すべてが該当するわけではありませんが、購入の際は、よく確認することをお奨めするそうです。
Dsc_0644_rear 写真は、リアに装着したSRT1700です。トランクの中から見たところですが、当然ながら、純正に比べると重量もあり、マグネットが大きいです。
スピーカーを交換してからは、車内で音楽を聴くことが増えました。
少し前のMDも引っ張り出してきて、聴いています。
今まで、もやっと聞こえていた音がくっきり聞こえます。
特に、今回気づいたのですが、デッキ本体のLOUDスイッチをONにすると、なかなか迫力ある音になります。ご存知の通り、この機能は、音を低くして聴くときに、高音と低音を強調するものですが、これはなかなか効果があります。
純正のときは、あまりメリットを感じなかったのですが、交換後は、機能を果たしてくれてますね。
次は、ドライブレコーダーを検討したいのですが、走り味を変えるということでは、以前検討したことのあるスプリングの交換を考えてみたくなりました。
純正のビルシュタインにして、4年目になるところですが、時間と資金と相談して検討しましょう。

« 日産と三菱が協業により新型の軽自動車を開発、6月に販売予定。 | トップページ | アウトランダーPHEV リチウムイオン電池で発火・発熱事故・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日産と三菱が協業により新型の軽自動車を開発、6月に販売予定。 | トップページ | アウトランダーPHEV リチウムイオン電池で発火・発熱事故・・・ »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ