最近のトラックバック

« ランエボ7 GT-A スピーカー交換は、クラリオンで決まり。SRT1700&SRT1700S | トップページ | 日産と三菱が協業により新型の軽自動車を開発、6月に販売予定。 »

ランエボ7 GT-A 純正スピーカー(FR)をクラリオンSRT1700S&SRT1700交換しました。その効果は。。。

11年目となったGT-A。本当に今更ですが、純正のFRスピーカーをクラリオンのSRT1700SとSRT1700に交換しました。
本当は、もっと早く交換したいと思っていたのですが、いろいろと順番を考えていたら、このタイミングとなってしまいました。
Dsc_0626_f 純正のスピーカーは、エボのたくさんのユーザーさんが言うように、とてもしょぼいです。これは仕方ありません。何せコスト重視のパーツですから。
エボは、基本的にオーディオはオプション扱いですが、メーカーオプションでスピーカーだけは、6スピーカーが注文できました。わたしも、このオプションを選択して、納車後ナビとオーディオを装着しました。
思い起こせば、確かに、最初音を聴いたときは、うーん、こんなものかな、ということで、トーンコントロールで高音と低音を少し強調して聴くことにしました。
選択したアルパインのMDデッキは、それなりにトーンコントロールができましたので、その機能を利用してこれまで使ってきました。
でも、いくら細かく調整しても、それほどはっきりと違いがわかるほどではありませんでした。
それでも、もともとデジタルソースで聴く音ですから、昔のカセットテープのようなノイズはなく、それなりにきれいに聴くことができます。
ちょっと長くなりましたが、11年目、車検を機に交換したスピーカーについての感想をご紹介したいと思います。

Dsc_0571_ すでに、前のブログにも書きましたが、クラリオンを選択したのは、正直価格です。
欲を言えば、アルパインが欲しいと思ったのですが、このクラリオンの製品と比べるとちょっと高く感じてしまいます。それに、11年目ですから、今後、車両の入れ替えとか考えたら、あえて投資するのはもったいないですね。
ちょうど、オートバックスに行ったら、セールス価格で置いてありましたので、購入を決めました。みんカラとか見ると、結構、ABで安くなっているときに買った人が多いみたいです。
フロントがクラリオンに決まりましたので、同じメーカーの方が恐らく、相性がいいと思いますので、統一する意味で、SRT1700にしました。

今回の交換作業も、すでに何度か依頼しているサンライズガレージの福山さんにお願いしました。
Dsc_0621_1 交換は、フロントはもちろん、ドアパネルを外しての作業となります。
今回、私のリクエストで、ツィーターは、純正で付いているピラーの内部に装着をお願いしました。
ダッシュボードにあまり物をつけたくないし、すっきりしている方がいいですね。
百戦錬磨の福山さんですから、作業は慣れたものです。結構すんなり終わるかな、と思っていたところ、いろいろと細かいところで作業が増えてしまいました。
まず、ドアのスピーカーですが、装着はスムーズに進んだのですが、いざ、ドアパネルをはめようとすると、ぴったり収まりません。
原因は、アルパインのバッフルを付けたことで厚みが増し、ドアパネルのグリル部分裏にスピーカーが微妙に当ってしまったのです。これは、カッターで、グリル部分の出っ張りを切り取って、解決。アルパインの適合では、OKだったのですが、スピーカーがクラリオンなので適合しなかったようです。
もし、クラリオン製のスピーカーで、バッフルを使って交換を検討のユーザーさんは、注意が必要です。
Dsc_0628_twiterDsc_0624_tweter








それから、次は、ツィーターですが、福山さんは、純正で着いているステーを利用して装着しようと試みたのですが、意外や意外、純正のツィーターとステーが、ネジと強力な接着剤で固定されているではありませんか。いろいろ試 して外そうとしてもらいましたが、びくともしません。メーカーとしては、しっかりと固定して、ビビリ音などしないようにしたのではないかと思います。
そのため、計画を変更して、そのままツィーターをピラー内に埋め込むことになりました。
これは、結果論ですが、ツィーターの方向が少し変えられるので、特に問題なく、装着が出来ました。

続いて、リアのスピーカーの交換です。こちらは、基本的には、ネジを取ってコネクターの処理をすれば、OKです。
Dsc_0633_rear 純正のスピーカーは、色が褪せてしまい、白っぽくなっていました。これではね。。。
実は、リアにも、アルパインのバッフルを用意したのですが、クラリオンのスピーカーの厚みで、装着は出来ませんでした。これも、クラリオン製を検討の方はご注意を。
アルパインの適合では、OKなのですが、これはアルパイン製に限ってのことですね。
もしかしたら、パイオニア、ケンウッドなどは装着が出来るかもしれませんが、事前に調べておく必要がありますね。

さてさて、交換後、早速視聴です。
最初FMラジオを聴きましたが、純正との違いをそれほど感じることが出来ませんでした。
しかし、よくよく聴いてみると、高音の抜け?が違います。
声の輪郭と言えばいいのか、すっきりと聞こえます。
それから、今度は、夕方、家内と買い物に出たときに、ユーミンのベストをMDで聴いたところ、おっ、これまでのユーミンの声がちょっと違う。明確に聞こえます。思わず、家内も口ずさんでいました。少し、トーンコントロールで、高音を持ち上げてみましたので、シャカシャカ的な音ですが、車内ではこれくらいがいいです。
多分、静かなクルマだったらもっと違いが分かるのではないかと思いますが、まあ、これで十分でしょう。何か、サブウーハーも欲しくなってしまいます。
高音が聴きやすくなった反面、低音が物足りない感じです。
欲を言えばきりがないので、スピーカーは、これで完了。
Dsc_0634_rear それにしても、リアのスピーカーがいいですね。
これまでは、後席で音を聞くと、何かこもった感じでしたが、交換後は、とても綺麗に聞こえます。それはそうです、フロントに装着してもいいくらいのクオリティですからね。
日曜日は、是非、MISIAを聴いてみたいと思います。
11年目ですが、運転の楽しみが増えました。もちろん、音量はそこそこに。
長距離ドライブも、これで快適に移動できるのではないでしょうか。

作業をお願いした福山さんには、本当にお世話になりました。
また、機会があればお願いしたいと思っています。
次は、、、また考えましょう。
それにしても、今使用しているアルパインのMDデッキは持ちますね。MD自体は、もう消滅に向かっていますが、メカが壊れないことを祈るばかりです。

« ランエボ7 GT-A スピーカー交換は、クラリオンで決まり。SRT1700&SRT1700S | トップページ | 日産と三菱が協業により新型の軽自動車を開発、6月に販売予定。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ランエボ7 GT-A スピーカー交換は、クラリオンで決まり。SRT1700&SRT1700S | トップページ | 日産と三菱が協業により新型の軽自動車を開発、6月に販売予定。 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ