最近のトラックバック

« ランエボ7 GT-A キズつくのはボディだけでなく、ココロも傷つくのです。 | トップページ | お台場MEGA WEB:ライドワン「マークX Gs」「86(AT)」試乗の編 »

お台場MEGA WEB:ピンクのクラウンとご対面の編

2月2日。2月とは思えないほどの暖かい気温になりました。
Rimg0105_mega_web1_2 陽だまりでは、上着、ジャンバーも必要なかったですね。
以前から気になっていましたピンクのクラウン。2/3まで、お台場のMEGA WEBで展示されているとのことでしたので、本当に久しぶりに行ってみました。
前に行ったのは、もう何前でしょうか。長男がまだ幼稚園のときくらいだったでしょうか。
クルマを見て、ボーリングをした記憶があります。
当時は、とにかく混んでましたね。クルマで行ったので、駐車するにも大変だし、例のライドワンも予約などはとれず、あまり良い思い出の無いスポットです。
あれから、15年以上経ちますので、今回行ってみて、大分落ち着いたのではないかと思いました。
午前、10時過ぎにクルマで出発。首都高も特に渋滞も無く、1時間ほどで到着です。
ヴィーナスフォートの屋上駐車場もガラガラで、15年前とはやはり、ずいぶん変わりましたね。但し、昼過ぎくらいからは、それなりに混雑してきましたが。
今回は、ライドワンで、予約も取れましたので、マークXのGs仕様に乗ることにしました。
当日も、空きがありましたので、86のATにも乗ることができました。
試乗のお話は、次の機会で。
と言うことで、ざっと、まず、施設1階を見て回りました。さすが、トヨタ、まあたくさんのクルマがあります。普段ほとんど見かけることの無いGs仕様を見て、それから、新型のクラウンを見てみました。これだけでも、結構時間がかかり、おなかも空いたので、昼を食べて、それからピンクのクラウンを見に行きました。
Rimg0163_pink1 車両は、2階に展示してありました。
結構、外国人ももの珍しいのか、結構いて、写真を撮っていました。
実物は、やはりちょっと迫力がありますね。
これが本当に公道を走るのか。誰がオーナーになるのか。ちょっと勇気がいるかもしれません。
でも、見慣れてしまえば、それなりにいいかもしれません。
何でも、初めてのことは、抵抗感がありますから、これを試金石として、マークXにもピンク仕様を作ってみてもいかがでしょうか。
台数が売れなくても、話題になるだけで、違うのではないでしょうか。
Rimg0169_pink若者のクルマ離れが叫ばれていますが、これまでと同じことをやっていても結果は、同じ。思い切って、違う価値観をぶつけることも大切だと思います。
これまでは、コンパクトクラスしか、こんな色は無かったわけですが、これからの時代はありかもしれません。
2台所有できる人は、同じ色でコーディネートできるのでは???
クルマの価値観を変えていく取り組みとして、後は、時間が評価してくれることでしょう

« ランエボ7 GT-A キズつくのはボディだけでなく、ココロも傷つくのです。 | トップページ | お台場MEGA WEB:ライドワン「マークX Gs」「86(AT)」試乗の編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お台場MEGA WEB:ピンクのクラウンとご対面の編:

« ランエボ7 GT-A キズつくのはボディだけでなく、ココロも傷つくのです。 | トップページ | お台場MEGA WEB:ライドワン「マークX Gs」「86(AT)」試乗の編 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ