最近のトラックバック

« 三菱 新型アウトランダーPHEV 予約受付を開始!さて反応は? | トップページ | 表参道 ランボルギーニ ガヤルド やっぱりいいです! »

スバルのクルマづくりに触れて。。。

Dsc_0414_ 先週、お仕事ですが、私の勤務先が主催となるイベント(シンホジウム)で、スバルの専務さんに講演いただきました。
開発のご担当の役員から、スバルのクルマ作り、今回は、特に安全、アイサイトの開発についてお話を聞きました。
実は、一緒に同行された方が、アイサイトの開発をされたご本人で、いろいろとお話をする機会をもちました。
クルマにちょっと詳しい人だと分かるかもしれませんが、アイサイトは、最初全く売れなかったのです。それは、まずは高価だったからです。オプションでつけて、確か80万円くらいだったと思いますが、これでは買う人はほとんどいないですね。しかも車種もランカスターのみ。
その後、社内では、いろいろと議論されて、アイサイトの開発を中止するところまで行ったとのことです。それでも、研究を止めなかった。ここが分かれ目ですね。
当然、開発のコストがかかりますから、企業としては、その成果が見えなければ断念せざるを得ない。継続できたのは、開発者の方の情熱、想いがあったからこそ。上司の暗黙の理解もあったとのことです。一時は首も覚悟したそうです。
システムの改善を進める中、時代が、環境、安全を重視する方向に動き、特に車体の軽量化と安全性の向上に注力することになったことから、アクティブセイフティーのデバイスとして、アイサイトの開発が進んだそうです。
まずは、ユーザーに買ってもらえる価格、これを10万円という目標を作って取り組んだとのことです。
今では、このスバルのアイサイトがきっかけとなって、自動車メーカー各社が安全デバイスの導入を積極的に取り組み始めました。これまでは、高級車しかオプション設定されていなかった安全デバイスが、普及価格帯まで設定されるようになりました。
この点で、スバルさんの取り組みに拍手を送りたいと思います。
各メーカーとも、全車にこのような安全デバイスを標準でつけるようにしてもらえるといいですね。装着の費用と事故後の損失費用を考えれば、十分におつりがくるのではないでしょうか。
自動車メーカーの中でも、スバルさんは、規模は小さいですが、大メーカーに出来ないことが出来る風土をもっているように思います。
小規模なりのご苦労も当然あるわけですが、これからもこだわりのあるクルマ作りに大いに期待したいですね。
三菱も、いよいよ来月、アウトランダーのPHEVを発売します。
今日、セールスの方が資料を届けてくれました。デバイス類は、非常に魅力を感じますが、気になるのは、デザイン。どうもやはり、フロントのデザインがいま一つしっくりときません。
家内も、「なんか、昔のクルマみたい」と言っていました。
うーん、エボとはいきませんが、もう少し、インパクトのあるデザインにならなかったのでしょうか。もしかしたら、細かいことかもしれませんが、スバルのクルマ作りとは、だいぶ違うようです。

« 三菱 新型アウトランダーPHEV 予約受付を開始!さて反応は? | トップページ | 表参道 ランボルギーニ ガヤルド やっぱりいいです! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スバルのクルマづくりに触れて。。。:

« 三菱 新型アウトランダーPHEV 予約受付を開始!さて反応は? | トップページ | 表参道 ランボルギーニ ガヤルド やっぱりいいです! »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ