最近のトラックバック

« 横浜 大桟橋にて | トップページ | ランエボ7 GT-A バッテリーの交換時期について »

日産 新型ノート メダリストに試乗して来ました。

Dsc_0343 今日は、買い物に出たついでに、以前から気になっていました日産新型ノートに試乗しました。前にもリーフを試乗させてもらいました日産のディーラーさんに伺いました。
今日は、家内も一緒の試乗となりました。
セールスの方は、とても丁寧な方で、家内の印象も良かったみたいでした。
試乗したのは、ノートの最上級グレードのメダリストです。
前モデルのノートは、評判は良かったようですが、私は、デザインは、どうも気に入りませんでした。今回のモデルは、なかなかスタイリッシュになって好感が持てます。家内もかっこいいと言っていました。
ただ、好感は持てますが、ちょっとインパクトには欠けるように思います。でも、同じ日産のコンパクトカーのマーチやキューブと比べれば、一番まとまっています。
もし、ノートを選ぶとなると、グレードを眺めて見て、うーん、やっぱりこのメダリストでしょうか。
もちろん、最上級のグレードですので、当たり前かもしれませんが、本革巻のステアリング、アラウンドビューモニター、そしてエコスーパーチャーシーャーなど、価格も一番上になってしまいますが、このグレードがいいですね。
Dsc_0342_2 運転席に乗り込んでみて、まず感じたのがダッシュボードのボリューム感です。
ちょっと圧迫感を感じますが、まあ、これは慣れの問題でしょう。
エボの視界がいいので、なおさら気になったのかもしれません。
後席に乗ってみると、これがかなり広い。足元は、広々です。さらに、ドアが90度近く開くので乗り降りはしやすいです。
ラゲッジルームも見ましたが、見た目は使いやすそうで、定番のごとく、後席が前に倒れて、大きな物も積めるようになっています。
さて、いよいよ発進ですが、キーレスで、ブレーキを踏んで、スタートボタンを押すとエンジンがかかります。最近は、こういうシステムが当たり前になりました。
私は、やはり古い人間なのか、鍵を回すほうが感触的には好きです。
Dレンジに入れて、スタート。この手のクルマでは仕方ないのですが、手ごたえのないハンドリング、ぐにゃと、ほとんど路面とのコンタクト感がなく、どこかでタイヤが曲がっているような感触です。このあたりは、スポーティーカーと大きく違うところですね。
余計な振動もなく、音も静かで、ロードノイズがそれなりに伝わってきます。
ここで、やはりスーパーチャージャーの威力かもしれませんが、1.2リッターのエンジンとは思えず、ふわっと加速していきます。特に、30~80キロくらいのスピード領域では、アクセルを踏んだだけ、気持ちよく加速します。
昔の1.2リッターのクルマとは一線を隔しますね。
ハンドリングは、ごく普通で、可もなく不可もなく、このクラスのクルマとしては、普通でしょう。決してスポーティではありません。家族4人を乗せてストレスなく走れると思います。
セールスさんから聞きましたが、高速でもスーパーチャージャーの効果がかなりあるとのことで、高速を多用する方には、間違いなくスーパーチャージャー付がお勧めとのこと。私もそう思います。
エコボタンで、エコ運転と通常運転を切り替えらけるようになっていますが、その違いは、あまり感じられませんでした。勾配のきつい坂道も走りましたが、やはりスーパーチャージャーの恩恵でストレスを感じません。スイフトスポーツよりもトルク感があります。
アイドリングストップもついてい、燃費にも良いことでしょう。Dsc_0346
このグレードには、アラウンドビューモニターがついていますが、やはり、これもあると便利です。技術の進化を感じます。あと、これに衝突軽減、ブレーキ制御が加われば、さらに安全性が向上すると思います。まだ、このクラスまでは、展開されていないのが、少し残念です。
普通に使う車としては、申し分ないでしょう。
出来れば、もう少し、スポーティな走りの出来るグレードかあるといいかな。
少し気になったのは、CVTの感触です。何となく時々ギクシャクすると言うか、思った以上にエンジンブレーキがきいたり、反応が鈍かったりするシーンがありました。
新車なので、もしかしたらクルマ固有の問題かもしれません。
ハンドリングは、タイヤの銘柄を変えて、1インチくらいアップすれば少しは良くなるように思います。ハイウェイスターも用意されていますが、私には、ちょっといまいちの感じです。
今回は、SC無しのモデルは乗っていませんので、何とも言えませんが、予算に余裕があれば、もちろんSC付がお勧めでしょう。現在、SC付のモデルは、少し納期がかかるとのことでした。コンパクトカーも進化していますね。。。

« 横浜 大桟橋にて | トップページ | ランエボ7 GT-A バッテリーの交換時期について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日産 新型ノート メダリストに試乗して来ました。:

« 横浜 大桟橋にて | トップページ | ランエボ7 GT-A バッテリーの交換時期について »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ