最近のトラックバック

« トヨタ新型オーリス デビュー デザインで勝負?? | トップページ | ランエボ7 GT-A 祝4万キロ走行 »

トヨタ新型オーリス 実車を見てきました! フロントガラスの傾斜に驚き

Dsc_0243_2 特に、このクルマのファンと言うわけではありませんが、気になって実車を見てきました。
展示してあったクルマは、150Xのスポーツパッケージ仕様でした。
まず、パッケージからですが、恐らく、多くの人がちょっと驚くのはフロントガラスの傾斜角。ここまで寝かせたデザインは、最近のクルマではほとんど見たことがありません。
あくまでもデザイン、見た目重視。当然ながら、居住性は、悪くなりますね。
でも、ここまで大胆なデザインには脱帽です。これはこれで気に入った人にはたまらないでしょう。
これだけ、フロントガラスを寝かせていると、全体的にデザインが崩れてしまいそうですが、そんなことはありません。それなりにうまくまとまっています。
しかし、このフロントガラスのお陰で、当然マイナス面も出ています。
必然的に天井が低くなってしまいますので、リアガラスの面積がかなり狭くなっています。
外見上は、かっこいいのですが、実用上は、どうなのでしょうか。
Dsc_0235_2  そして、リア。テールランプのデザインが存在感を主張しているみたいです。
ここも、気に入ればかなりいいのではないでしょうか。ただ、もう少し質感が感じられるといいかな。
まずは、このデザインが気に入るかで、購入動機につながるのではないでしょうか。
次に、インテリアですが、これも驚かされるのは、インパネがドライバーに近い。
インパネとハンドルの距離が極端に狭いのです。その分、メーターの視認性はいいですね。
インパネ全体も垂直に立っていて、これは寝かせたフロントガラスの影響ですね。その分、空調やオーディオの操作はやりやすいと思います。ここも、実際にオーナーになって使ってみないと、分からない部分です。Dsc_0239
フロントもリアも、大人が4名移動するには、十分な空間でした。質感は、それぞれのご判断で。高級車ではないので、現在の水準で言えば合格点でしょう。
カタログをもらいましたが、トヨタらしく、オプションも豊富だし、資金があれば、いろいろとカスタマイズも可能です。TRD仕様のリアパンパー、マフラーは、いいですね。初めから、このような仕様で売ってもらえないのでしょうか。
販売の台数でいけば、1.5リッターが中心になると思いますが、購入するとなれば、やはり、1.8リッターがいいですね。1.6リッターで、ターボ仕様とか用意してくれれば、面白いと思うのですが。
後は、走りですね。そのうち、是非どこかで試乗してみたいです。出来れば、1.8リッター仕様。
Dsc_0245_2 それから、最後に気になったのは、リアのガラス、視界です。かなり狭いです。車線変更のときは、大丈夫なのか、気にかかります。試乗の時には要チェックポイントです。
まずは、デザインが気にいるか。たまたま、前のモデルもありましたので、比較してみましたが、天井の高さがかなり異なります。このあたりをポイントに興味のある方は是非実車で確認してみてください。それにしても、私のエボは、視界はとてもいいです。

« トヨタ新型オーリス デビュー デザインで勝負?? | トップページ | ランエボ7 GT-A 祝4万キロ走行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« トヨタ新型オーリス デビュー デザインで勝負?? | トップページ | ランエボ7 GT-A 祝4万キロ走行 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ