最近のトラックバック

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

ランエボ7 GT-A タイヤ空気圧点検とハンドリング 

土曜日、午前中は名古屋近郊で仕事でした。午後、帰京してから、思い立ってタイヤ空気圧の点検をしてきました。
Dsc_0082点検は、タイヤ交換をしてもらったアローバさんです。
点検のついでに、気になっていたハンドルの中立付近のずれも相談してみて、試乗してもらいました。
空気圧の点検後の試乗だったのですが、特に、異常はないと言うことで、様子を見ることにしました。
帰り道、うーん、確かに気にならない。空気圧の調整で、かなり良くなりました。
本当に、微妙な感じですが、このタイヤの空気圧もばかになりませんね。
結構まめにチェックすればいいのかもしれません。
またしばらくして、タイヤローテーションもしたいと思っています。
それにしても、エボは、ホイールのブレーキダストの汚れは、純正のパッドを使用していますので、特に前輪は多いです。
これでも、ホイールをコーティングしているので、かなりいい状態ではありますが。
それから、10年経て、エンジンもなかなか調子いいですよ。
エアコンを使っても、馬力が落ちる感じがしません。
これは、もしかしたら、添加剤のお陰でしょうか。
実は、今度、ドライブレコーダーの装着を検討しています。
最近、気のせいかもしれないのですが、運転の荒いドライバーが増えていませんか。
Dsc_0083eng今日も、後ろを走っていた多摩ナンバーの古いオデッセイに乗っているドライバー。
急な車線変更とあおり、タバコ吸いながら、携帯画面を見ながらの運転。
周りの迷惑ですよ。あのようなドライバーは、何とかしないといけないのではないでしょうか。
自己防衛もしっかり考えないと、だめかもしれません。
さらに、先日は、大音量で窓を開けて音楽を聴いているドライバー。
自分は、いいでしょうが、周りは、超迷惑。事故を誘発しかねないと思います。
自分だけが道路を走っているわけではないのを、理解できないのですね。
韓国みたいに、通報制度を検討しなければいけない時期に来ているように感じるのは、私だけでしょうか。健全な車社会を実現できるように一人ひとり気をつけたいものです。
wobbly

新型レガシィに2.0ℓ水平対向直噴ターボを搭載した2.0GT DIT登場

スバルさんが、5月8日にレガシィをマイナーチェンジしました。
今回、最上級グレードに、あのBRZのエンジンをターボ化して搭載したグレード「2.0GT DIT」がラインナップされました。
丁度、9日に仕事で富士重工の群馬製作所に伺い、仕事の傍ら、レガシィの話題となりました。
スバルさんは、職人気質の会社、という感じです。
規模は、小さいですが、車好きにとっては、とても気になる会社だと思います。
今回のGT DITですが、2.0㍑と言うところは、大歓迎です。Dsc_0059
ボディが大きくなった分、エンジンも2.5㍑が中心となってしまいましたが、いい意味でのダウンサイジングだと思います。
まあ、一つ残念なのは、アイサイトが付かない、と言うところですね。
やはり、このようなモデルにも、是非付けて欲しかったです。
機会があれば、是非試乗したいですね。近々、ディーラーに見に行きたいと思っています。
群馬製作所に行った帰り、正門に展示してあった往年の名車?スバル360を撮影してきました。昔、私の父が会社の営業車で乗っていた記憶があり、たまに家に持って帰ってきて、私も乗せてもらいました。
懐かしいです。happy01

ランエボ7 GT-A 実燃費はどれくらい?

Dsc_0052


今日は、こどもの日。天気がいいですね。
子供が小さい頃は、いろいろとどこかに行こう、となりましたが、その時期も過ぎました。
大学、高校、中学生となっては当たり前ですね。
さて、先日給油をしましたが、久々に燃費を確認してみました。
満タン法ですが、走行距離205.4㌔で、給油量39.41㍑。
1㍑あたり、5.21㌔。
うーん、まあこんなもんです。普段の足としてはクルマ使っていないので、許される数値です。
Dsc_0053


それにしても、エコカーの時代、この燃費はいかに。。。
高速を利用すれば、7㌔以上は行きますが、それでもこの時代、どうでしょうか。
維持費のかかるエボです。bearing

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ