最近のトラックバック

« ランエボ7 GT-A 実燃費はどれくらい? | トップページ | ランエボ7 GT-A タイヤ空気圧点検とハンドリング  »

新型レガシィに2.0ℓ水平対向直噴ターボを搭載した2.0GT DIT登場

スバルさんが、5月8日にレガシィをマイナーチェンジしました。
今回、最上級グレードに、あのBRZのエンジンをターボ化して搭載したグレード「2.0GT DIT」がラインナップされました。
丁度、9日に仕事で富士重工の群馬製作所に伺い、仕事の傍ら、レガシィの話題となりました。
スバルさんは、職人気質の会社、という感じです。
規模は、小さいですが、車好きにとっては、とても気になる会社だと思います。
今回のGT DITですが、2.0㍑と言うところは、大歓迎です。Dsc_0059
ボディが大きくなった分、エンジンも2.5㍑が中心となってしまいましたが、いい意味でのダウンサイジングだと思います。
まあ、一つ残念なのは、アイサイトが付かない、と言うところですね。
やはり、このようなモデルにも、是非付けて欲しかったです。
機会があれば、是非試乗したいですね。近々、ディーラーに見に行きたいと思っています。
群馬製作所に行った帰り、正門に展示してあった往年の名車?スバル360を撮影してきました。昔、私の父が会社の営業車で乗っていた記憶があり、たまに家に持って帰ってきて、私も乗せてもらいました。
懐かしいです。

« ランエボ7 GT-A 実燃費はどれくらい? | トップページ | ランエボ7 GT-A タイヤ空気圧点検とハンドリング  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型レガシィに2.0ℓ水平対向直噴ターボを搭載した2.0GT DIT登場:

« ランエボ7 GT-A 実燃費はどれくらい? | トップページ | ランエボ7 GT-A タイヤ空気圧点検とハンドリング  »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ