最近のトラックバック

« モーターショー考 コンパニオンは本当に必要?? | トップページ | クルマの地デジ化 準備整いました! »

ランエボ7 GT-A ボディ補強(ロアアームバー)

ボディの補強、剛性を上げることは、スポーツ走行にとっては必須。
剛性が向上すれば、もちろんハンドリングのフィーリングも良くなります。
精確性が増すことは請け合いです。
写真のロアアームバーは、2006年の7月に装着したMINESでリリースしていた製品です。
この手の製品では、クスコがいろいろと出しています。
装着は、近所のコクピットさんにお願いしました。
地味なアイテムですが、効果は確かにあると思います。
ハンドルにしっかり感が増しました。また、高速でのレーンチェンジの際に、ボディのよれを抑えてくれます。
純正でも、一応バーが装着していますが、少し頼りないですね。Dscf0405
値段もそれほどかかりませんので、気軽に追加できるパーツです。
本当は、リアのストラットタワーバーも装着したいと思っていたのですが、トランクの使い勝手が悪くなりますので、非装着です。
10年になるボディですが、まだまだ大丈夫ですね。以前乗っていたマークⅡの90系ツアラーVでは、ボディのよじれを感じた道路を、エボで走ると、ボディの一体感が全然違います。
エボのユーザーでしたら、もっといろいろなボディ補強をしていると思いますが、この製品は、お勧めです。でも、今はもう在庫があるかはわかりません。

« モーターショー考 コンパニオンは本当に必要?? | トップページ | クルマの地デジ化 準備整いました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランエボ7 GT-A ボディ補強(ロアアームバー):

« モーターショー考 コンパニオンは本当に必要?? | トップページ | クルマの地デジ化 準備整いました! »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ